2021年02月11日

〜コロナ禍をのりこえよう〜 季節がわかる窓ガラス

「はむろ」のデイフロアーには、畳一枚分のはめごろしのガラス窓が一つあります。
そこには、皆さんに季節の移り変わりを感じてもらおうと、ポスターカラーを使って、いろいろと年間行事の絵を描かせてもらっています。

今年のお正月は、コロナ禍で毎年恒例の初もうでが叶わなかったので、「はむろ神社」と名付けて、窓いっぱいに大きな朱色の鳥居を描いてみました。

二月の節分の豆まきの絵も、その鳥居を残したまま、そこから逃げる鬼や、鳥居の陰から豆をまくお多福さんを描きました。

そして、三月のひな祭りの絵に描きかえるため、今回その鳥居を消してしまいました。

すると、ある利用者さんに「あ〜、いつもお参りして拝ましてもらっていたのにぃぃ」と、寂しがられてしまいました。
でもそのあと、楽しそうなひな祭りの絵に描きあがると、また改めて喜んでいただけました。ホッ。

絵に色を付けてもらったり、消すときに手伝ってもらったり、これからも利用者さんとともに、その窓を「季節の窓」として、いろんな行事をお知らせして楽しんでいただきたい。(私が一番楽しんでる?)と思っています。
posted by まるちゃん at 17:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

臨機応変のHさん

まるちゃん  「これ青菜のおひたし、菜の花かな」
Hさん     「うん、美味しいね」
まるちゃん  「味噌汁、卵が多いな。食べる?」
Hさん     「たべる! これも美味しいな」
まるちゃん  「この酢豚、味濃いのが美味しいな」
Hさん     「美味しいな。ありがとう!」
まるちゃん  「ありがとう」って、良い言葉ね」
Hさん     「ありがとうと言うと、気持ち良いからね」

Hさんは、会話を楽しみながら食欲が進んで完食です。
実は、彼女は認知症です。
この会話だけでは認知障害は分りませんが、
ほとんど食事介助されています。
これは通常要介護4以上ですが、彼女は要介護2です。
家族もそれで良いと言ってるのだから凄いねー。
posted by まるちゃん at 16:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

突然でした! ○○さん いらっしゃーい

年末年始の忙しい時期でしたが、突然安倍さんの娘さんが
「はむろ」にいらっしゃった。
「どうしはったん?
「実はこのほど母が亡くなったんです。それでお世話になった皆さんに
 報告に来たんです」
誰が来はったん?とスタッフがつぎつき゛現れる。
娘さんはケータイを出して、施設に入っていたころのお母さんの写真や
その後自宅に帰っての写真を次々と見せて下さった。少し痩せて見えるが
微笑んでいるお母さんの姿に懐かしい面影を重ねる。
「母は、はむろが大好きでね。楽しみに来てたんですよー」
スタッフからは、デイサービスでのお母さんの様子やエピソードなど
様々な記憶が飛び出して「そうそうこんな事も」と盛り上がって、忙しい
にもかかわらず話は止まらない。

こうしてご家族が「はむろ」までわざわざやって来られて、報告して下さる
ことは本当に幸せな事です。
 阿部娘さん 報告訪問.JPG

2019年12月27日

今年も皆で作りました

今年も皆で作りました。
2020年は子年です。
模造紙大の大作で一週間はかかりました。
ちぎり絵(新聞のカラー部分)を好きな所に
貼るだけなので、全員誰でも参加出来ますよ。
嬉しそうに皆に見せているのは昨年と同じ
まるちゃんと施設長の𠮷原でーす!

DSCN3285.JPG

posted by まるちゃん at 16:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

お正月の準備出来てますか。「はむろ」では毎年干支を使って大作を作ります。

今年はいのししです。
猪の毛は太い? 4〜6cmの家の形ようなの折り紙を
400個以上折りました。毛はとっても多いですからね。
作っている利用者さんもこんな大きく太い毛でいいの?
これを猪の形の紙に貼ったのがこれです。

DSCN2534.JPG

竹やぶに猪のイメージで、竹は毛糸のくさり編みです。
長ーいくさり編みはみんなお手のものです。
どんな感じになるんやるなーと想像しながら簡単に編んでいます。
DSCN2532.JPG

完成ーーー嬉しそうに皆さんに紹介しています。拍手―!!?!😃😵
DSCN2535.JPG
posted by まるちゃん at 12:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする